<< 告別式 | main | 超・電王トリロジー ゼロのスタートウィンクル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • 2013.10.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

書道ガールズ

実はあまり期待せぬまま見に行きました。
その感想など。(ネタバレありで)
 
書道モノで郷土モノで商店街モノ。
この制作チームはかなりドライで、だからこそ説明をきちんとつけたがる印象。
とても真摯なストーリーメイキングだなと見終わったときに思いました。
恐らく最初は、日テレの企画で書道パフォーマンス甲子園の映画をということで始められ、「地方の特色」「墨」「和紙」「書道部がある学校が少ない」などのキーワードがブレストで出てきた結果出来上がったんだろうなということは、なんとなく想像がつきます。
最初は「書道のおかげで街が活気を取り戻しましためでたしめでたし」というストーリーラインを組んだのではないかと思いますが、「それではリアリティがない」という横槍が入ることもまた、このご時世必然な気もします。
そうなると、何を実現するのかというテーマが、「結束」と「成長」になってしまうというのもまた必然かもしれません。
結果として、例えば矢口監督のウォーターボーイズのような方向に行くのは、止むを得ないと思います。
それでも、地方商店街や、書道を取り巻く不景気の現実というものを、華々しい「書道パフォーマンス甲子園」の陰に隠さずきちんと描くことは誠実だなと思いますし、主人公達の頑張りが、地元を活性化する役に立ったのか立ってないのかわからない様も、正しいのだと思います。結局商店を営んでいた同級生は引越しを余儀なくされますし、仲間の一人が大学を諦めた現実も変わっていなさそうでしたし。パフォーマンスも、結局成功してませんし。開催できたというところだけ成功になるのかな。
 
人物関係のところを見てみると、人間の屈折した感情というものをよく拾えていると思いました。
一個一個はもの珍しい感じではないですが、複合的に皆何かしら悩みや葛藤を抱えていて、それがコミュニケーション齟齬を起こしていたり、そこが丁寧に紐解かれて行って、様々な許しがあるというのは、変に一人にスポットを集中し過ぎるよりも、「部活!」という感じが出ていていいと思いました。
「三年間で何も賞が獲れない」「最近部がギクシャクしている」「自分の家が閉店セールをするにあたって、何かしたい」「書道だけが唯一のコミュニケーションの窓口」「同じ部員の書く字が羨ましい」「書きたいのに書けない状況に追い込まれていく」「書くだけで楽しかったのが、賞を獲らねばと思っているうちにつまらなくなってしまった」
これだけのテーマが、丁寧に拾われているわけです。そして、きちんと台詞に落として「説明」してくれます。
彼女らは絶えず「焦って」いるので、説明台詞もそんなに気にはならないです。
 
だからこそ効いてくるのが、アンジェラ・アキさんの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」です。
http://www.youtube.com/watch?v=qv-OKEM9I7I
歌詞はこちら。http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=70553
何かを取り戻したり、「勝利」はできないまでも、「負けない」というのが、今のキーワードな気がします。それが今のリアルなんだと思います。
この曲は関西電力のCMにも使われていたのですが、
http://www.youtube.com/watch?v=Mit7nEKychs
震災からちょうど15年のときに、震災の年に生まれた子供達をモデルにして撮られたCMです。
僕は関東の人間ですけれど、このCMは結構感動的で好きです。
大会で会場のみんなが合唱する場面は、「あざといな」ともちょっと思いましたが、やっぱりいいシーンですね。
 
役者さん、というか女の子達も好演で、「ああ、こういう子いるよなー」って感じがしました。
こう、変な意味で個性的というわけではなく、みんなが知っている個性的な子を、きちんと演じていたというか。
男子はちょっとディフォルメが過ぎるかなw
ミラバケッソでお馴染みの主役の成海璃子さんの不満げな顔もよかったですし、やたら男子をいびったり、「感動した!」を連発した桜庭ななみさんもよかったですし、台詞は少なかったものの、肝心なところではきちんと言う元オハガールの小島藤子さんのおさげ姿もキュートでした。
 
そんなわけで、とてもいい映画だと思います。
アンジェラ・アキさんの曲のせいかもしれんけどw



スポンサーサイト



  • 2013.10.17 Thursday
  • -
  • 23:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブラジル旅行の相方募集
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links